新たな宇宙モデル

時間も空間もない宇宙構造とは

ペアポール宇宙モデル

− 科学哲学的なアプローチから考えられた宇宙モデル −



人類にはいまだ解けない謎が2つある
ひとつは空間に関するもので「宇宙の果てとは?」という謎であり
もうひとつは時間に関するもので「時間の始まりと終わりとは?」という謎である
この2つの謎を解くためには、宇宙に「果てはなく」、時間に「始まりも終わりもない」とあっさり受容すればよい
分かり易い概念に還元すれば、宇宙に「大きさはなく」、時間は「流れない」ということである
< 本稿は著書「Pairpole」(創造庵刊 / 平成11年2月28日初版第1刷)にてリリースされました >


思考実験としての 「時空のランダム選択」 体験サイト
 時空の消失点 「時間も空間もない世界」 で描いた 「過去と未来は現在に含まれている」 とする構造は 「時間の重層的構造」 を述べ、「細部は全体であり 全体は細部である」 とする構造は 「空間の階層的構造」 を述べています。 これらの時空概念は 「Pairpole 宇宙モデル」 で描いた宇宙像であって、そこではその概念をさらに還元して 「宇宙とは仕組みである」 という 「究極の概念」 に昇華させました。
 以下のサイトはこれらの宇宙構造の体感を目的として構築した 「思考実験システム」 です。 時間も空間もない世界とはいかなるものかを 「時空のランダム選択」 で追体験願えればもって幸いです。
宇宙の物語今日のワンダーランド時空のランダム選択今日のビジョンウィンドウ風景の物語


ペアポール宇宙モデルに寄せて
 著書 「Pairpole (ペアポール)」 の発刊は平成11年2月28日(初版第1刷発行)です。 この著作に至る数年間は私にとって最も思考活動に勢いがあった時期でした。 あらゆる予見が交錯するとともに次々にアイデアが形となって昇華していったのです。 その結実が 「Pairpole 宇宙モデル」 であったわけです。
 この宇宙モデルの分類を 「科学哲学的宇宙モデル」 としたのは、科学的思考が行き詰まれば哲学的思考をもって突破し、逆に哲学的思考が行き詰まれば科学的思考をもって突破することで探求を進めていったからです。 科学には特異点と呼ばれる科学理論が破綻してしまう限界点があります。 その先には科学的思考をもってしては進むことはできません。 ゆえに別次元の視点をもつ哲学的思考を使ってその科学的特異点の解消を画したのです。
 さらにこの宇宙モデルの構築には 「ホロニック」 という思考概念が大きく関わっています。 ホロニックとはどんな部分にも全体の動向がふくまれているような関係にあるひとつの 「部分=全体系」 のことを言います。 ここでは宇宙を構成する個々の部分に宇宙全体がもつ根源的秩序が入れ子状に内蔵されているとともに相互に連携していることを述べています。 私たちは部分と全体を同時に見ることはできませんがホロニックなネットワークでは両者の応変を同時にとらえることが可能なのです。 依って 「Pairpole 宇宙モデル」 にはそのホロニックネットワークであるブノワ・マンデルブロの 「フラクタル構造概念」 が随所に織り込まれています。 それは細部である 「原子構造(原子核を周回する電子の構造)」 と全体である 「太陽系構造(太陽を周回する惑星の構造)」 の相似的等価性であり、工学的な 「電磁誘導理論」 の宇宙物理学的な 「波動理論」 への転用等々です。
 またこの宇宙モデルの副題を 「宇宙の構造とメカニズム」 としたのは、私自身が機械工学を専門分野とする技術者であったからに他なりませんが、もともとこの宇宙モデルの構築には限られた専門分野にこだわることなく、あらゆる分野を分け隔てなく統合することで観えてくるものを目指していました。 必要とあれば、いかなる学際をもクロスオーバーして 「知のワンダーランド」 に挑んだのです。
 もとよりいかなる学説や理論でも、もともとは不完全なものであって、当面、矛盾なく現象や事態を説明できるというだけのものです。 もしその論の説くところに矛盾がでてくれば、たちまちにしていかなる学説や理論であっても、破棄される運命にあります。
 「Pairpole 宇宙モデル」 は自らの思考が及ぶ限りの認識を矛盾なく妥当性をもって説明しているとした宇宙モデルですが、この宇宙モデルがあらゆる学際をクロスオーバーした 「知的冒険」 によって導かれた論であることを考えれば疑義百出は無理からぬことであってさけることはできません。 しかしながら、知のワンダーランドを拓く者が頼るべきは 「人倫の天秤」 ではなく 「宇宙の天秤」 なのです。

HOME会社概要
copyright © Squarenet